Search this site
Love, health +yoga, mehndi
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
豊かな作物と豊かな心。

ひさびさの更新ですが、みなさんお元気でしょうか。
わたしは元気です。

ですがここ最近、飽きっぽいことで有名な私は
5か月間毎日通い続けている学校がちょっとめんどくさくなってきてて、(ゴメンナサイ
女性的なアレでイライラしがちなここ数日。


今日は待ちに待った芋ほりデイでした。

これは学校の行事ではありませんが、
年に何度か参加させていただく こども夢基金 の活動の一環で、
二丈町のほのぼの農園さんの松尾さんの畑へえがお館の子どもたちを連れて芋ほりに行くというものです。

 ※ほのぼの農園とは、
 耕さず・虫や草を敵とせず・肥料を与えず・農薬を使わない
 という農法で150種類ものお野菜を作られています。

その農園に足を一歩踏み入れさせていただくだけで
それはそれは、ストレスフリーな世界ですよ。

誰も(草も虫も花も木も植物たちも、それから人も!)否定しないで受け入れてくれるわけですから。
いろいろ疲れたときは、私こちらへ逃げ込みたいと思います。

入って早々、カマキリの出産に立ちあわさせていただき、
芋ほり最中には温かい土の中でお昼寝中の大きなミミズを引っ張りだしてしまったり、
数々の無礼を皆さんは温かく許してくれます。

普段、自分の敷地内のベランダに蜂が入れば”怖い”と感じ、
部屋に家や虫が入ってきたら必死で部屋から”追い出そう”としてしまったり。
自分の行いを恥ずかしく感じます。

共存の世界。
何も必要とせずに、ただお互いが存在するというなんともシンプルな仕組み。
もっともっと!と求め続ける私たち人間はやっぱり時々原点を見る必要がありますね。

安心安全、愛情たっぷりなさつまいも。


そして、
もう一つ何とも言えない感情にされたのは
えがお館の子どもたち。

 ※えがお館とは、何らかの形(虐待・育児放棄・補導)などで一時保護されているこどもたちの施設。

いつも彼らと時間を過ごした後は、何とも言えない無償の愛のような、今まで感じたことのない感情が沸き起こります。

私よりも何十倍もの悲しみを小さな身体ですでに経験しているんだろうけれど
やさしくて、素直で、きらきらした目をみんな持っています。

これからいろんなものを見て感じて、ぐんぐん伸びていく子どもたちが心から安心して過ごせる生活を心から望みます。


子育て中のお母さんお父さん、
子育てに疲れてしまったら、周りにHELP出しましょう!

子育ていや!って思うの大事です。
休みたい!って思うことだって間違っていません。
パンパンに心が膨れ上がってしまってどうしようもなくなる前に
少しずつ息抜きしましょう!矛先を子どもに向けてしまう前に!

周りにきつそうなお友達いたら「愚痴聞くよ」もアリだし、
そっと最寄りのセンターに頼ってみましょう。

子どもたちはみんなで育てましょう。


((相談センター))

東区 東区箱崎2-54-1 電話番号645-1072
博多区 博多区博多駅前2-19-24 電話番号419-1084
中央区 中央区大名2-5-31 電話番号718-1104
南区 南区塩原3-25-1 電話番号559-5124
城南区 城南区鳥飼6-1-1 電話番号833-4104
早良区 早良区百道2-1-1 電話番号833-4357
西区 西区内浜1-4-1 電話番号895-7069









posted by Shoko Minami | 17:31 | こども | comments(4) | trackbacks(0) |
和久洋三せんせい来福。

この日はわくわく創造アトリエ主宰の和久先生の講演会が行われました。
私は今回お手伝いで入っていたので、お話は聞けなかったのですが・・・


講演会終了後、お母さんたちが写真撮影しているすきにわたしもどさくさに紛れて


私が保育のおべんきょうを始めたころ、こちらのすてきな教育法+木のおもちゃ童具に出会いました。
アトリエで行われる活動は、すべて ”本物”を使ったもので、

絵画の時に利用する絵具はLiquitexという世界中のアーティストが使っているアクリル絵の具。

造形では、粘土・木材やこどもの創造力をを引き出すあらゆる材料を利用し、調理ではちくわ作りに魚屋さんから材料を調達などはあたりまえ。(わたしはちくわの喰わず嫌いがここで克服できました)

積木あそびはもちろんWAKUの積木を利用します。


WAKU METHOD では子どもの「自分で!」という意思を尊重して、大人は余計なお世話はしないことが大切だというおしえです。 

いろんなものに 触れる → 考える → つくる  

自分でできた! という達成したときの顔は何とも言えない、見ていてこっちも幸せになるようないい表情をしています。


あ、でも大人も一緒で、頭をからっぽにして粘土をこねたり、塗り絵をしたり、積木をしたり
そんな遊びをときどきしてみると、
睡眠をとってすっきりした身体のように、頭がすーっきりしますよね。


子どもも大人も一緒なわけですね。



posted by Shoko Minami | 17:54 | こども | comments(0) | trackbacks(0) |